最新のお知らせ 


4月のサークル活動の開催日程を更新しました

皆さん
今晩は(^_−)−☆

日曜日は如何お過ごしでしょうか?

昨日は10:30からパーソナルレッスンが

7件‼️‼️‼️

ありがたい事です🙏

終わったのは18:00過ぎてました 




皆さんの理想に日々近づけますよう
必ず結果を出していきます👍✨✨✨
♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪



さて、ここで終わらずパーソナル終了後は
リトコン3年生チームの監修でした


今日からチーム初練習‼️
基礎動作を反復し、動画で確認、各々課題を明確にしました



しかぁぁーーーーーし
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘


さぁ!練習始めるよっと
上着を脱いだ途端
 

みんなが着ていたパロディTシャツのロゴが

「ホメられて伸びるタイプ」

どうぞ宜しくお願いしまーーーす😁😁😁🙏 

だって


汗💧


はい
ご希望通りたっぷりとほめ殺しマシタ 笑❤️

練習モードに入ると目つきが変わり、クリア出来なければ出来るまでひたすら練習する姿

今年で3年目のチャレンジですが
本当に練習への取り組みは素晴らしいと

毎年思います!!

7月まで愛情たっぷり注いでいきます



もちろん毒舌で❤️







効率の良いカラダづくりとは?


今晩は
♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪🌙
最近は、パーソナルセッションがほぼ毎日入っています

闇雲にトレーニングしても、逆効果という事もあるんです
今日は、皆さんが効率よくトレーニングに励むための要点を掲載します

うーーーん😵
インストラクター養成コースで良く勉強したなぁ…😂📝

ぜひ参考にしてくださいね



1.全面性の原則

全面性の原則とは、カラダはバランスよく鍛えることが大切だという原則です。

一箇所の部位だけ鍛えると全身のバランスが崩れてケガをしやすくなったり、パフォーマンスが低下したりしてしまいます。

腹筋を鍛えれば背筋も鍛えるといったように、全体のバランスを考えてトレーニングするようにしましょう。

2.意識性の原則

意識性の原則とは、トレーニングしている部位を意識して鍛えましょうという原則です。

不思議なことに、鍛えている箇所を意識しながらトレーニングすると、より効果的な成果を生むことが分かっています。

また鍛えている箇所を見たり触ったりして意識するのも良いでしょう。

やみくもに腹筋をするのではなく、腹筋が鍛えられていることを意識してトレーニングをしましょう。

腹筋という大まかなくくりではなく、腹直筋、腹斜筋といった部位まで意識できれば理想です。

各トレーニング方法がどの部位を鍛えるものなのかを事前に把握しておきましょう。

3.漸進性の原則

漸進性(ぜんしんせい)の原則とは、徐々に負荷を上げましょうという原則です。

プログレッションしていくのです!

同じ負荷でトレーニングを続けても効果がなくなってきます。

例えば45kgのベンチプレスを10回上げれる人が、いつまでもその負荷と回数で続けていても成長は望めません。

負荷や回数を徐々に増やすことで、筋力UPが見込めるということです。

4.個別性の原則

個別性の原則とは、個人に応じてトレーニングをしましょうという原則です。

運動経験者なら45kgのベンチプレスが持ち上がるかもしれませんが、運動初心者なら難しく、場合によってはケガしてしまうでしょう。

年齢、性別、体力水準は人によってかなりバラツキがあります。

個々人に適したトレーニング方法と強度を選んでいきましょう。

5.反復性の原則

反復性の原則とは、トレーニングは続けることで効果が発揮されるという原則です。

トレーニングは続けないと意味がありません。

どんなアスリートでも1日トレーニングしただけで劇的に肉体が変化することはないのです。

まさに「継続は力なり」で、努力の結晶が肉体に現れるということです。




トレーニングの3原理

原理

トレーニングの効果は、負荷をかけることで得られるという原理です。

楽な負荷でいくら運動しても効果は薄く、ややきつい程度の負荷を繰り返し、徐々に強めていくことで鍛えられるということです。

楽して良い肉体は手に入らないということですね。


過負荷(オーバーロード)のかけ方

過負荷(オーバーロード)のかけ方は様々ですが、代表的なものをピックアップします。

Ⅰ:回数を増やす

⇒40kgのベンチプレスを30回していたのであれば、40回にすれば過負荷となります。

重さは同じでも回数を増やすことでオーバーロードにすることができます。

Ⅱ:重さを重たくする

40kgのベンチプレスを50kgにすれば過負荷となります。

いきなり負荷を変えるとケガをする恐れがありますので、徐々に重さを変えていきましょう。

Ⅲ:トレーニング頻度を変える

週2回していたのを週3回にすれば過負荷となります。

これらⅠ、Ⅱ、Ⅲは分かりやすい過負荷の方法ですので、参考にしてみてください。


2.特異性の原理

特異性の原理とは、トレーニング方法によって特異的に効果は表れるということです


スケートで上手く滑りたいのに、ボードばかり滑っていても上達はしません

ダンスが上手くなりたいのに、筋トレだけしていても上達はしません


目的に応じてトレーニングを変える必要性があります


3.可逆性の原理

トレーニングは続けないと元のカラダに戻ってしまうという原理です。

「反復性の原則」と似ていますが、継続は力なりですね。

何事もそうですが、続けることが何より大事なのです。



如何ですか?

少しでもお役に立てればと思います!



そうそう

余談ですが…平昌オリンピックに向けて、小平奈緒選手がトレーニングを開始しました


あるスタジオで


何気に発見‼️

2XU GOLD


おおーーーーーーーっ😳😳😳😳😳😳!




以上デス🙏

ナッツは大好物❤️

頂き物ですが

美味しそぉぉぉお💕💕
(^O^)/(^O^)/



ツルヤで購入出来るそうです🙋🙋

ナッツは

植物性タンパク質
カルシウム
ビタミンEの王様であります!


エネルギーチャージ❤️


↑このページのトップヘ